[JCR] 日立キャピタル信託_ゴールドマン・サックス証券(CSメガソーラープロジェクト3)にAが付与されました。

公開日: : 格付情報 , ,

JCRの最新格付けニュースを配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

1/3
http://www.jcr.co.jp

16-D -0166
2016年 6月 1日
株式会社日本格付研究所(JCR)は、以下のとおり信用格付の結果を公表します。

CSメガソー ラー グリー ンプロジェクトボンド信託 3 信託受益権および信託ABL

【新規】
信託受益権予備格付 A
ABL予備格付 A
■格付事由
1. 本プロジェクトの概要
本件は、カナディアン・ソーラーグループが鳥取県西伯郡大山町豊房にて行うメガソーラー事業を対象と
するプロジェクトファイナンスである。
本メガソーラー事業を行うCLEAN ENERGIES XXI株式会社(プロジェクト K K )は事業を行うにあたり、
必要となる事業費を匿名組合出資および日立キャピタル信託株式会社による融資により調達する。日立キャ
ピタル信託は、金銭信託および信託による借入により調達した金銭で、プロジェクト K K への融資を行う。
本件の格付対象は、このメガソーラー事業への融資を裏付けとした信託受益権および信託ABLである。
2. メガソーラープロジェクト固有のリスクとキャッシュフロー分析
JCRではプロジェクトファイナンスの格付手法に基づいてメガソーラー事業の信用力を評価している。メ
ガソーラープロジェクトのリスク要素として特にウエイトが高いと思われるポイントを列挙すると(ただ
し、これらが全てではない)、スポンサーグループの信用力、パネルメーカーの信用力、EPC、O &M などに
係るリスク、立地、日射量の変動性などである。本件においては、①プロジェクト K K の倒産隔離性を確保
するための適切な手当てがなされていること、②パネルについては豊富な納入実績と一定の財務基盤を有す
る大手メーカー製のものを使用した上でバックアップ保証保険にも加入予定であること、③完工等の条件が
整うまではプロジェクト K K による資金の引き出しが行われないスキームとなっていること、④O &M につい
て豊富な実績を有する企業とのバックアップ契約を締結する予定であること-などにより、想定されるリス
クへの対応が図られていると判断している。
メガソーラープロジェクトの売電収入は、月次、季節ごとに日射量が異なり、短期では変動性が大きい
が、中期では変動性は抑制される傾向にあることが特徴である。また、費用は初期支出が大きいものの、メ
ンテナンスに必要とされる費用を除けば年間の支出額は比較的小さく、費用の変動性は低い。本件のキャッ
シュフロー分析にあたっては、このような特徴を踏まえ、売電収入の変動、通期にわたって必要とされる費
用の支払いに備えた積立計画が予定されているかの確認を行っている。メガソーラープロジェクトのキャッ
シュフローは、上記のような収入特性および費用特性に従い比較的安定して推移する特徴が見られるが、日
射量の変動およびパネルの経年劣化に伴う発電量への影響を確認することが必要であると JCRでは考えてい
る。加えて、当プロジェクトサイトは相当程度の降雪及び積雪が想定される地域であり、雪による発電量へ
の影響を考慮する必要があることから、JCRではこの 3点を中心に変数を設定し、ストレステストを実施し
た。ストレステストの結果、JCRでは、本件のキャッシュフローは信託受益権および信託 ABLの償還/返済
を行うに際し、十分な余力を有すると判断している。

3. 格付評価
本プロジェクトでは、固定価格買取制度にもとづく買取価格として 40円(税抜)が適用される。本件は
完工等の条件が整うまではプロジェクト K K による資金の引き出しが行われないスキームとなっており、完

2/3
http://www.jcr.co.jp

工リスクは極小化されている。また、当プロジェクトサイトは相当程度の降雪・積雪が想定される地域であ
るが、日射量の変動と組み合わせて非常に強いストレスをかけた場合においても、当プロジェクトの債務履
行能力が保持されることを確認している。JCRでは、こうしたストレス時における D SCRテストの結果も踏
まえ、信託受益権および信託ABLの予備格付を「A」と評価した。
(担当)杉浦 輝一・岩﨑 智彦
■格付対象
【新規】
対象 発行予定金額/実行予定金額 信託期間満了日 クーポン・タイプ 予備格付
信託受益権 未定* 2037年2月20日 固定 A
信託ABL 未定* 2037年2月20日 固定 A
* 信託受益権・信託ABL合計で74.47億円。内訳は2016年8月3日までに決定予定。
<発行の概要に関する情報>
信託設定日 2016年8月3日
受益権譲渡日/ABL実行日 2016年8月3日
償還方法/返済方法 スケジュール償還/返済
流動性・信用補完措置 なし ※裏付となる貸付債権における流動性補完・信用補完として、現金準備・優先劣後構造
<ストラクチャー、関係者に関する情報>
委託者 ゴールドマン・サックス証券株式会社
受託者 日立キャピタル信託株式会社
メガソーラープロジェクト
運営会社 CLEAN ENERGIES XXI株式会社
アセットマネージャー カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社
アレンジャー ゴールドマン・サックス証券株式会社
<裏付資産に関する情報>
裏付資産の概要 メガソーラープロジェクト運営会社への貸付債権

格付提供方針に基づくその他開示事項

1. 信用格付を付与した年月日:2016年5月 31日
2. 信用格付の付与について代表して責任を有する者:本多 史裕
主任格付アナリスト:杉浦 輝一
3. 評価の前提・等級基準:
評価の前提および等級基準は、JCRのホームページ(http://www.jcr.co.jp)の「格付方針等」に「信用格付の種類
と記号の定義」(2014年 1月6日)として掲載している。
4. 信用格付の付与にかかる方法の概要:
本件信用格付の付与にかかる方法(格付方法)の概要は、JCRのホームページ(http://www.jcr.co.jp)のストラク
チャード・ファイナンス「格付の方法」のページに、「プロジェクト・ファイナンス」(2012年8月28日)の信用格
付の方法として掲載している。回収金口座や倒産隔離など他の付随的な論点についても上記のページで格付方法を
開示している。
5. 格付関係者:
(発行体・債務者等) CLEAN ENERGIES XXI株式会社
(アレンジャー) ゴールドマン・サックス証券株式会社
6. 本件信用格付の前提・意義・限界:
本件信用格付は、格付対象となる債務について約定通り履行される確実性の程度を等級をもって示すものである。
本件信用格付は、債務履行の確実性の程度に関しての JCRの現時点での総合的な意見の表明であり、当該確実性
の程度を完全に表示しているものではない。また、本件信用格付は、デフォルト率や損失の程度を予想するもので
はない。本件信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクなど、債務履行の確実性の程度以外
の事項は含まれない。
本件信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動する。ま
た、本件信用格付の付与にあたり利用した情報は、JCRが格付対象の発行体および正確で信頼すべき情報源から入
手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが存在する可能性がある。

3/3
http://www.jcr.co.jp

7. 本件信用格付に利用した主要な情報の概要および提供者:
格付対象商品および裏付資産に関する、関係者から入手した証券化関連契約書類
なお、上記については関係者が証券化関連契約書類上で情報の正確性に関する表明保証を行っている。
8. 利用した主要な情報の品質を確保するために講じられた措置の概要:
JCRは、信用格付の審査の基礎をなす情報の品質確保についての方針を定めている。本件信用格付においては、
いずれかの格付関係者による表明保証もしくは対外公表、または担当格付アナリストによる検証など、当該方針
が求める要件を満たした情報を、審査の基礎をなす情報として利用した。
9. JCRに対して直近1年以内に講じられた監督上の措置:なし

■留意事項
本文書に記載された情報は、JCRが、発行体および正確で信頼すべき情報源から入手したものです。ただし、当該情報には、人為的、機械的、ま
たはその他の事由による誤りが存在する可能性があります。したがって、JCRは、明示的であると黙示的であるとを問わず、当該情報の正確性、
結果、的確性、適時性、完全性、市場性、特定の目的への適合性について、一切表明保証するものではなく、また、JCRは、当該情報の誤り、遺
漏、または当該情報を使用した結果について、一切責任を負いません。JCRは、いかなる状況においても、当該情報のあらゆる使用から生じうる、
機会損失、金銭的損失を含むあらゆる種類の、特別損害、間接損害、付随的損害、派生的損害について、契約責任、不法行為責任、無過失責任そ
の他責任原因のいかんを問わず、また、当該損害が予見可能であると予見不可能であるとを問わず、一切責任を負いません。また、JCRの格付は
意見の表明であって、事実の表明ではなく、信用リスクの判断や個別の債券、コマーシャルペーパー等の購入、売却、保有の意思決定に関して何
らの推奨をするものでもありません。JCRの格付は、情報の変更、情報の不足その他の事由により変更、中断、または撤回されることがあります。
格付は原則として発行体より手数料をいただいて行っております。JCRの格付データを含め、本文書に係る一切の権利は、JCRが保有しています。
JCRの格付データを含め、本文書の一部または全部を問わず、JCRに無断で複製、翻案、改変等をすることは禁じられています。
■用語解説
予備格付:予備格付とは、格付対象の重要な発行条件が確定していない段階で予備的な評価として付与する格付です。発行条件が確定した場合に
は当該条件を確認し改めて格付を付与しますが、発行条件の内容等によっては、当該格付の水準は予備格付の水準と異なることがあります。
■NRSRO登録状況
JCRは、米国証券取引委員会の定めるNRSRO(Nationaly Recognized Statistical Rating Organization)の5つの信用格付クラスのうち、以下の 4クラ
スに登録しています。(1)金融機関、ブローカー・ディーラー、(2)保険会社、(3)一般事業法人、(4)政府・地方自治体。
■本件に関するお問い合わせ先
情報サービス部 T EL:03-3544-7013 FAX:03-3544-7026

Ads

関連記事

[R&I] 東京都競馬の発行体格付A-[安定的]を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 二松學舍の発行体格付A-[安定的]を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[JCR] 日証金信託銀行の格付がA+ / 安定的 J-1+に見直されました。

JCRの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 神戸市の平成27年度第4回公募公債をAA+に格付

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 今仙電機製作所の発行体格付BBB[安定的]を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] MS&ADグループ4社の格付を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 兼松の発行体格付BBB[安定的]を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 三井生命の第1回、第2回劣後債をAに格付

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 大和証券グループ2社の発行体格付A[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

Ads

Ads

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

→もっと見る

PAGE TOP ↑