[JCR] 仙台銀行の格付がBBB- / 安定的に見直されました。

公開日: : 格付情報 , ,

JCRの最新格付けニュースを配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

1/3
http://www.jcr.co.jp

15-D -0567
2015年 10月 16日
株式会社日本格付研究所(JCR)は、以下のとおり信用格付の結果を公表します。

株式会社じもとホー ルディングス (証券コー ド:7161)

【据置】
長期発行体格付 BBB-
格付の見通し 安定的
債券格付 BBB-

株式会社きらやか銀行 (証券コー ド:-)

【据置】
長期発行体格付 BBB-
格付の見通し 安定的
債券格付(期限付劣後債) BB+

株式会社仙台銀行 (証券コー ド:-)

【据置】
長期発行体格付 BBB-
格付の見通し 安定的
■格付事由
(1) じもとグループは、きらやか銀行(山形県)と仙台銀行(宮城県)を中核とする金融グループ。グループ
の資金量は 2.4 兆円と東北地銀のなかでは中位の規模に相当する。きらやか銀行は中小企業向け貸出残高
が県内トップ水準にあり、仙台銀行は経営資源を県内に集中投下することで復興関連の資金需要を積極的
に取り込んでいる。2行はグループの経営計画の下、取引先の本業支援やリスク管理手法の統一化などに
取り組んでいる。15 年 5 月には勘定系システムを統一し、今後はサブシステムの共同化を進めることで
業務運営を効率化していく方針である。
(2) 格付の主要な制約要因は資本水準である。基礎的な収益力(投資信託の解約益を除く)が弱含んでいる点
なども格付を制約しており、JCRはグループの信用力を「B B B -」相当とみている。2行の格付には、グル
ープ間での相互支援の可能性を踏まえて、グループの信用力を基点としつつ、単体での損益財務内容など
の評価を織り込んでいる。持株会社である、じもとホールディングス(H D)の格付については、ダブル
レバレッジ比率やキャッシュフロー・バランスなどを踏まえて構造劣後性を反映していない。
(3) 2行の預貸残高は高い伸びを続けている。仙台銀行では震災復興関連の資金需要を取り込むことで建設業
や不動産業向けを中心に中小企業向けの貸出残高を大きく伸ばしており、活発な新設住宅着工などを背景
に住宅ローンの残高も増加を続けている。きらやか銀行では地方公共団体や大企業向けが残高全体の伸び
を牽引しているものの、中小企業向けの貸出残高も 15/3 期以降は底堅く推移している。総じて、貸出残
高は堅調に推移しており、利回り低下に伴う収益減は緩和される方向にある。相場環境を捉えた投資信託
の売買も奏功して、資金利益は概ね横這いで推移している。しかし、市況変動に左右されやすい投資信託
の解約益を含んだベースでみても、ROA(コア業務純益ベース)は 0.3%台にとどまる。グループ全体で
注力している課題解決型営業への取り組みを収益力の強化に結び付けていけるかが課題である。
(4) 金融再生法開示債権比率(2行合算)は15年6月末で 3.2%と B B B レンジの地域銀行のなかでは比較的
低い水準まで低下している。2行とも不良債権の新規発生は抑制されており、震災の影響を受けて仙台銀
行の与信費用が膨らんだ 12/3 期を除けば、2行の与信費用は低水準で推移している。一方、きらやか銀

2/3
http://www.jcr.co.jp

行においては、その他要注意先債権が総与信に占める割合が高く、収益対比で未保全額の大きな融資先も
多いため、再生子会社での経験や外部金融機関との業務提携などを通じて培った豊富な企業再生ノウハウ
を活かして、与信費用を引き続き低位にコントロールしていけるかが注目される。
(5) 有価証券運用では2行とも投資信託の残高を急速に積み上げている。リスク特性の異なるファンドへの分
散投資を通じて一定のリスク低減効果は期待できるものの、投資信託の時価は2行ともコア資本の8割を
超過しており、経営体力対比でみた価格変動リスクは大きい。仙台銀行では円建債券のデュレーションを
3 年台で維持しているものの、預証率が高いこともあり、金利リスクが資本対比でやや大きい状況が続い
ている点にも注意を要する。
(6) H D 連結のコア資本比率は 15年 3月末で 10.2%。規制上の所要水準を大きく上回るものの、コア資本の
過半は返済を前提とした公的優先株であり、公的優先株や旧 Tier2資本、貸倒引当金などを除いた JCRが
中核的と評価するベースでは 3%台後半にとどまる。
(担当)大山 肇・木谷 道哉
■格付対象
発行体:株式会社じもとホールディングス
【据置】
対象 格付 見通し
長期発行体格付 BBB- 安定的

対象 発行額 発行日 償還期日 利率 格付
120%コールオプション条項付第1回
無担保転換社債型新株予約権付社債
(転換価額下方修正条項及び転換社
債型新株予約権付社債間限定同順位
特約付)
80億円 2014年9月24日 2017年9月22日 利息を付さない BBB-
発行体:株式会社きらやか銀行
【据置】
対象 格付 見通し
長期発行体格付 BBB- 安定的

対象 発行額 発行日 償還期日 利率 格付
第1回期限前償還条項付無担保社債
(劣後特約付及び適格機関投資家限
定)
17億円 2011年1月26日 2021年1月26日 (注1) BB+
第3回期限前償還条項付無担保社債
(劣後特約付及び分割制限付少人数
私募)
11億円 2011年3月15日 2021年3月15日 (注2) BB+
(注1)2016年1月26日まで 4.23%。その翌日以降は6ヶ月ユーロ円ライボーに5.00%を加えた率。
(注2)2016年3月15日まで 4.25%。その翌日以降は6ヶ月ユーロ円ライボーに5.00%を加えた率。
発行体:株式会社仙台銀行
【据置】
対象 格付 見通し
長期発行体格付 BBB- 安定的

3/3
http://www.jcr.co.jp

格付提供方針に基づくその他開示事項

1. 信用格付を付与した年月日:2015年10月15日
2. 信用格付の付与について代表して責任を有する者:野上 正峰
主任格付アナリスト:大山 肇
3. 評価の前提・等級基準:
評価の前提および等級基準は、JCRのホームページ(http://www.jcr.co.jp)の「格付方針等」に「信用格付の種類
と記号の定義」(2014年1月6日)として掲載している。
4. 信用格付の付与にかかる方法の概要:
本件信用格付の付与にかかる方法の概要は、JCRのホームページ(http://www.jcr.co.jp)の「格付方針等」に、
「コーポレート等の信用格付方法」(2014 年 11月 7日)、「銀行等」(2014 年 5 月 8日)、「持株会社の格付方法」
(2015年1月26日)、「銀行持株会社および子銀行の格付けについて」(2001年 3月15日)、「金融機関等が発行す
る資本商品の格付方法」(2015年2月5日)として掲載している。
5. 格付関係者:
(発行体・債務者等) 株式会社じもとホールディングス
株式会社きらやか銀行
株式会社仙台銀行
6. 本件信用格付の前提・意義・限界:
本件信用格付は、格付対象となる債務について約定通り履行される確実性の程度を等級をもって示すものである。
本件信用格付は、債務履行の確実性の程度に関しての JCRの現時点での総合的な意見の表明であり、当該確実性
の程度を完全に表示しているものではない。また、本件信用格付は、デフォルト率や損失の程度を予想するもので
はない。本件信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクなど、債務履行の確実性の程度以外
の事項は含まれない。
本件信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動する。ま
た、本件信用格付の付与にあたり利用した情報は、JCRが格付対象の発行体および正確で信頼すべき情報源から入
手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが存在する可能性がある。
7. 本件信用格付に利用した主要な情報の概要および提供者:
・ 格付関係者が提供した監査済財務諸表
・ 格付関係者が提供した業績、経営方針などに関する資料および説明
8. 利用した主要な情報の品質を確保するために講じられた措置の概要:
JCRは、信用格付の審査の基礎をなす情報の品質確保についての方針を定めている。本件信用格付においては、
独立監査人による監査、発行体もしくは中立的な機関による対外公表、または担当格付アナリストによる検証など、
当該方針が求める要件を満たした情報を、審査の基礎をなす情報として利用した。
9. JCRに対して直近1年以内に講じられた監督上の措置:なし

■留意事項
本文書に記載された情報は、JCRが、発行体および正確で信頼すべき情報源から入手したものです。ただし、当該情報には、人為的、機械的、また
はその他の事由による誤りが存在する可能性があります。したがって、JCRは、明示的であると黙示的であるとを問わず、当該情報の正確性、結果、
的確性、適時性、完全性、市場性、特定の目的への適合性について、一切表明保証するものではなく、また、JCRは、当該情報の誤り、遺漏、また
は当該情報を使用した結果について、一切責任を負いません。JCRは、いかなる状況においても、当該情報のあらゆる使用から生じうる、機会損失、
金銭的損失を含むあらゆる種類の、特別損害、間接損害、付随的損害、派生的損害について、契約責任、不法行為責任、無過失責任その他責任原因
のいかんを問わず、また、当該損害が予見可能であると予見不可能であるとを問わず、一切責任を負いません。また、JCRの格付は意見の表明であ
って、事実の表明ではなく、信用リスクの判断や個別の債券、コマーシャルペーパー等の購入、売却、保有の意思決定に関して何らの推奨をするも
のでもありません。JCRの格付は、情報の変更、情報の不足その他の事由により変更、中断、または撤回されることがあります。格付は原則として
発行体より手数料をいただいて行っております。JCRの格付データを含め、本文書に係る一切の権利は、JCRが保有しています。JCRの格付データ
を含め、本文書の一部または全部を問わず、JCRに無断で複製、翻案、改変等をすることは禁じられています。
■NRSRO登録状況
JCRは、米国証券取引委員会の定めるNRSRO(Nationaly Recognized Statistical Rating O rganization)の5つの信用格付クラスのうち、以下の 4クラ
スに登録しています。(1)金融機関、ブローカー・ディーラー、(2)保険会社、(3)一般事業法人、(4)政府・地方自治体。
■本件に関するお問い合わせ先
情報サービス部 T EL:03-3544-7013 FAX:03-3544-7026

Ads

関連記事

[R&I] コンコルディアFGの格付A+[安定的]を新規公表、横浜銀は維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[JCR] 東京ガスの格付がAAA / 安定的 → ネガティブに見直されました。

JCRの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 池田泉州銀行の発行体格付A-[安定的]を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[JCR] 農中信託銀行(メディカルシステムネットワーク)にJ-1+が付与されました。

JCRの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[JCR] タカラトミーの格付がBBB- / 安定的に見直されました。

JCRの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 日本通運の劣後特約付ローンをAに格付

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 曙ブレーキが通期赤字の公算―格付への下押し圧力変わらず

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[JCR] みずほ証券の格付がAA- / ポジティブ → AA / 安定的 AA- → AA J-1+に見直されました。

JCRの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[R&I] 東武鉄道の第107回無担保社債をBBB+に格付

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

[JCR] ファンタスティック・ファンディングにJ-1+が付与されました。

JCRの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、PDFファイルのテキスト抽出結果

記事を読む

Ads

Ads

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

[R&I] JA三井リースの発行体格付A-[安定的]、CPa-1を維持

R&Iの最新格付けニュースを配信します。PDFファイルはこちら以下、P

→もっと見る

PAGE TOP ↑